女性が気にしていても男性は気にしていない、逆に男性が気にしていても女性は気にしていない…そんなことってありませんか?男性は女性のふとした仕草にかわいさや色っぽさを感じることがあるようです。
特に外せないのが「食べ方」です。どこでデートをするにしても食事はするもの。ここで食べ方が汚かったり品がないと、百年の恋も冷めるってやつです…
具体的に「食べ方」ってどうすればいいの!?という方必見!「食べ方」のポイントをご紹介します。

パクパクと健康的に食べるべし

小食アピールをしたり、ほとんど食べずに残す女性がいますが、それは逆効果です。男性からすると「ここの料理おいしくなかったのかな?」「体調が良くないのかもしれない…」と不安な気持ちになります。
食べる量を減らしたからといって女性らしいとは限りません。出てきた料理を「おいしい!」とパクパク食べる女性が素敵なのです。

音に気をつける

咀嚼音はもちろんですが、お箸やフォーク・ナイフがお皿がぶつかり合うカチャカチャという音。自分は気にならなくても相手は不快に思うかもしれません。
特に咀嚼音には気をつけましょう。咀嚼音は食べる時に口が開いていると出てしまいます。自分は食べる時に口が開いていないか、喋りながら食べていないかなど普段から意識することが大事です。

適度なスピードでマナーよく

女性の多くは食べるスピードがゆっくりです。じっくりと料理を味わうことはいいことですが、あまりにも遅いとダラダラしていると思われることも…男性より少し遅いくらいが適度なスピードといえるでしょう。
また、お箸の持ち方や基本的なテーブルマナーはきちんと覚えておくことが大切です。

残し方がキレイである

お腹いっぱいでどうしても食べられない時は無理をせず残しましょう。しかし、ここにポイントがあります。それは食べ残しがあるお皿がキレイかどうか、です。食べカスやソースを全てキレイに食べろということではなく、残した物がお皿の真ん中にドーンとあったり、あちらこちらに散らばっているといい印象はありません。どうしても食べられない物はお皿の端に寄せるなどして“キレイに残す”ことを意識しましょう。

まとめ

性格や育ちが食事の時に出ると言われています。どれだけ美しい女性でも、食べ方が汚かったり品がないと全てが台無しになってしまうんですね。綺麗で品のある食べ方をマスターして、男性に「またあの子と食事がしたいな。」と思ってもらえるような女性になりましょう!

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。